家族を愛するサラリーマンのブログ

東京で働くサラリーマン / 妻と子の3人暮らし / 2つの難病(PSC&UC)&肝移植 / 社会保険労務士(#49試験合格) / 読書と散歩が趣味

かんたんなあいさつだけで...

お見舞いに来てくれる友人たちとは、本当にかんたんなあいさつで昔の関係に戻れます。

 

「おおっ、久しぶり!」「元気にしてた?」

 

何年間も合っていなかったはずなのに、こんな少しのあいさつだけで、離れていた時間も関係なく、お互いに話し始められます。

 

友人たちと話していて良く話題になるのは、お互い昔と変わらないねっていうこと。

確かに大学生の時の友人たちとは、初めて顔を合わせて話した時と何も変わらないように感じます。

 

もう何年も別の仕事をしてきて、それぞれ家庭を持って、人によっては子供もいるような別々の人生を歩いてきたはずなのに。

この友人たちとの関係は、これからも一生変わらないのだろうと思います。

 

友人というのは、不思議で、本当に素敵なものです。