妻が大好きな夫のブログ

妻が大好きな難病持ち夫(PSC:原発性硬化性胆管炎 → 2015 妻からの生体肝移植、UC:潰瘍性大腸炎)の日記です。

新年度、そして生体肝移植手術後5か月が経過!

2016年も4月に入りました。

僕は毎週決まった曜日に病院に行き、採血検査と診察を受ける生活が続いていますが、体調が悪くなることなく、毎日とても落ち着いて過ごせています。

 

昨日も朝から病院に行って検査と診察を受けてきました。

 

☆病院がある大学の構内にも桜が咲いていました。

f:id:trfujita:20160406140904j:plain

 

最近は採血検査の結果がとても良い状態が続いていて、服用しているステロイド剤と免疫抑制剤の量を少しずつ減らしています。

ステロイド剤を減薬するのに伴って、血糖値調整のためのインスリンの自己注射の量も減ってきています。

 

今週の採血検査の結果は、肝機能の状態がわかる主な数値(GOT、GPT、γ-GTPビリルビン等々)も全て基準値の範囲内に収まっていました。

本当にとても調子の良い状態です!

なので、また毎日のステロイド剤の服用量を減らすことになりました。

 

僕は幸いにもステロイド剤や免疫抑制剤の副作用が弱い(自覚している症状はないくらい)のですが、毎日たくさんの量と種類の薬を服用しているので、薬の服用量が減るのはとてもうれしいです。

 

主治医の先生も、もう少し薬の服用量が減り、肝機能が落ち着いた状態が継続すれば、通院の間隔を週に1度より長くできるとおっしゃっていました。

 

まだまだいろいろなことに注意して生活しなければいけませんが、一歩ずつ、良い方向に進んでいるのだと実感しています!