家族を愛するサラリーマン 兼 社会保険労務士のブログ

東京で働くサラリーマン 兼 社会保険労務士 / 2つの難病(PSC&UC)&肝移植 / 妻と子の3人暮らし / 読書と家族みんなで散歩が趣味

私の病歴#1; 異常の発見から最初の入院

いつか今までの自分の病歴をブログで書き残しておこうと思っていたのですが、なかなか書け出せずにいたので、今回の入院の空き時間を利用して、1つ目の記事を書こうと思います。

 

ただ、今までの病気に関するイベントを全て書くのには、かなりの時間が必要になると思うので、少しづつ書き溜めて、ぼちぼち更新していこうと思います。

 

--

初めて自分の身体に異常があると分かったのが、新卒で入社する会社の雇入れ健康診断でした。

 

入社約3ヶ月前ぐらいに会社指定の病院でひと通りの検診を受けて、その結果を数週間後に受け取ったのですが、その結果で「肝機能に異常がある可能性があるので要精密検査」と診断されました。

この検診の結果では、採血検査の肝機能の数値(GOT、GPT等々)が、平常値の3〜4倍の数値になっていました。

 

要再検査ということだったので、当時住んでいた杉並区の自宅近くの病院を受診して、再度採血検査を受けましたが、また肝機能の異常という結果が出ました。

その病院の医師からは、更に詳しい検査をするには大学病院のような専門の病院を受診する必要があると言われたので、早速紹介状を携えて、西新宿の大学病院を受診しました。

この大学病院には、その後約7年ほどお世話になることになります。

 

この頃は、大学卒業間近(2月〜3月)で、大学の仲間と最後の大学生活を過ごしていたのですが、私は内心不安で心から楽しめていなかったと記憶しています。

ただ、4月からの就職が目前に迫っていて、新生活の準備や卒業前の大学でのイベントごとが続き、あまり深く考える時間もなく過ごしていました。

 

大学病院では、CT検査や採血等の検査を受けて、「原発性胆汁性肝硬変の疑い」と診断されました。

結局、私の病気は原発性胆汁性肝硬変ではなく、原発性硬化性胆管炎だと後で分かったのですが。

この時期の症状からは、何の病気か正確に判断するのは無理なのだろうと思います。

 

当時の私は当然この病気について知りませんでしたので、インターネットで病気について調べましたが(この時の主治医に病気について聞きましたが、分かりづらく、曖昧な情報しか得られませんでした)、この病気はいわゆる難病という事がすぐに分かり、終末的には肝硬変になり根本的な治療は肝臓の移植しかないという事も知り、とても気を落としました。

ただ、強くショックを受けて気力を無くしたというよりは、将来への不安をいつも抱えるようになりました。

この頃は、採血検査で肝機能は毎回良くありませんでしたが、私に自覚症状はなく、新入社員として仕事を覚えるので毎日いっぱいでした。

 

この頃、肝機能を良くする薬が処方されていましたが、何の薬を処方されていたか、今ではもう覚えていません。

その処方された薬を服用しても肝機能は一向に良くならず、数ヶ月が過ぎていきました。

 

その後、2週に1度受けていた採血検査で肝機能が悪化傾向という事が分かり、病気の診断を受けてから始めて入院する事になります。

入院の日々は続く;早く退院したい!

まだ入院中で、病室で過ごす日々が続いています。

 

連休中に妻にレンタルwi-fiを持って来てもらい、読書以外にもできることが増えたのですが、連休も明けてまた仕事を休むことになってしまい、体調もかなり回復してきたので、早く普通の生活に戻りたい!という思いが強くなってきました。

何より、子どももと離れて過ごすのが寂しいですし、家事と育児を完全に妻に任せた状態になってしまっていて、早く家族みんなで過ごす生活に戻りたいです。

 

肺炎の治療の方は、日に数回の抗生剤の点滴を継続して受けていて、前回4月の入院では退院後数日で肺炎が再発したこともあり、今回は2週間(あと数日)は点滴を継続するとのことです。

それで、治療は日に数回の点滴だけなので、毎日時間を持て余しています。

 

時間がある時に読もうと思って購入していた社労士の開業ハウツー本や実務事例の問答集も早々に読み切ってしまいました。

あとは会社の仕事関係の本もダラダラと呼んでいましたが、とにかく飽きちゃった!です。

Netflixで見ている「水曜どうでしょう」も、2周目に入りました、ははは。

 

入院するといつも「退院後にやりたい事リスト」を作って退院後の生活を楽しみにするのですが、今回はとにかく子どもと一緒に過ごすのが楽しみです。

まずは子どもが寝る前に絵本を一緒に読んで、寝かしつけができるようになろうと思います。

 

--

f:id:trfujita:20190508200247j:image

入院して、退院して、再入院して今に至る

タイトルの通りで、今、再入院して病室で過ごしています。

 

入院の理由は肺炎の治療のためで、服用している薬の影響で免疫力がかなり落ちていたのが感染の原因のようです。

前回の入院も今回の入院も、尿検査で肺炎球菌が出たと医師から言われています。

 


高熱が出て病院にタクシーで駆け込んできた時は、とてもとても辛い状態でしたが、

数日の抗生剤の点滴で、今はかなり楽になりました。

 


今回の入院が無ければ、連休を利用して子どもを連れて実家に帰省したり、

家族でいろいろな場所に出かけたりしたかったのですが...本当にごめんね。

 


退院したら、また家族みんなで元気に出かけるぞ!

という思いで、回復したいと思います。

近況

またしばらくブログの更新をサボってしまいました...。

 

数ヶ月間取得していた育休も8月末で終了して、9月から仕事に復帰しました。

復帰した9月の1ヶ月間は、簡単な業務をこなす日々でしたが、10月からだんだんと忙しくなり、11月に入った今は、毎日やることが盛りだくさんの日々が戻ってきました。

業務上の自分の目標達成に向けて、毎日取り組んでいます。

 

育児の方は、子どもは順調に、元気に、日々成長していて、僕が仕事から帰ってくると本当に可愛らしい笑顔を見せてくれるようになりました。

子どもは今のところ風邪を引いたりせず、体調は良く、毎日元気に過ごしています。

妻が毎日一生懸命に子どものことを考えて、お世話をしてくれるお陰だと思います。

 

僕の体調の方は、6月の入院で診断された「好酸球性肺炎」の影響で、今でも咳や痰の症状がありますが、PSCやUCの方は、とても良好な状態です。

UCは年明けにひさびさの大腸内視鏡検査を受診する予定です。

また、大量の下剤を頑張って飲まなければ...!

 

またこれからも、いろいろとブログに書いていこうと思います。

 

--

☆ハイハイでどこでも行っちゃう我が子です。

初の気管支鏡検査受診:喉の麻酔がとてもツライ...

本日午前中に、人生で初の気管支鏡検査を受けました。久しぶりの鎮静剤を使った検査でしたので、少々緊張しました。

 

予定では、朝にCT検査を受けた後に気管支鏡検査を受ける流れだったのですが、諸事情によりCT検査がなくなりました。そこで、本日の気管支鏡検査の検査待ちの1番目に受診することになり、病室で慌ただしく準備をして、病院1Fの検査室に向かいます。

 

病室から検査に向かう際には、一般の人が使うエレベータとは違う、病棟の裏の方にあるエレベータを使います。裏手のエレベータ前で、エレベータが到着するのを待ちながら、なんとなく移植手術を受けたときのことを思い出していました。

移植手術を受けたときは、手術日に病室から手術室に向かうのは朝8:30と決まっていたので、その時間に妻と僕の家族全員が集まり、この裏手のエレベータから手術室に向かったのでした。

 

さて、気管支鏡検査ですが、恐れていた喉の麻酔(吐き出しそうになる)が、とてもとても、たいそう辛かったです。僕個人の実感としては、気管支鏡検査自体より喉の麻酔の方が、かなり辛かったです。

 

検査室に入ってから、喉の麻酔が噴射?される機械の横に座らされて、僕が斜め上向きで呼吸するタイミングに合わせて、先生が麻酔を僕の口の中に噴射します。さっそくチャレンジ2回目ぐらいで吐き出しそうになり、大量に唾液を吐き出してしまいました。

かつて何度も受けたERCPでは、喉の麻酔はスプレーで簡単に噴射される程度でしたが、気管支鏡検査は喉の麻酔が重要ということでしょうか。

さらに先生から、「これをあと20回ぐらいやります。」という絶望のコメントがあり、僕は顔面蒼白になりました。その後の何度も僕が吐き出しそうになり、しまいには本当に吐いてしまったため、目標の半分程度で喉の麻酔は終了になりました。

 

喉の麻酔が終わると、CT検査機のような機械が設置された検査台に仰向けになり、口にプラスチックのマウスピースを咥えさせられます。かつて受けたERCPと違うのは、横向きではなく仰向けで検査を受けることです。また、「喉の麻酔を追加したときに目に入っては良くない」ということで、目にもガーゼもあてられました。

そして腕の点滴から鎮静剤が入れられ、20秒程度で眠ってしまいました。

 

なにやら夢の中でとても息苦しい感じがしたのですが、鎮静剤が入っていますので、もう夢か現実か分かりません。気が付いたときには、先生から「終わりましたよ」の声をかけられ、自分で起き上がり車椅子に乗り、病室に戻ってきました。

 

3時間安静で病室のベッドに寝ていましたが、昼にはもう起き上がって良くなり、お昼無普通に食べちゃいました。それで、昼過ぎにはケロッとしていますが、なんだかまだ喉の麻酔の吐き気がして、今日は安静にしておこうと考えています。